2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018.05.13 (Sun)

猫のよびごえ


猫のよびごえ
2016/11/15
町田康

壁に散った猫の尿を拭き取り、
雑巾を洗い、また拭き取り、
怒れる猫の殴打を甘んじて受けつつ、
か細き声に導かれて子猫を拾う。

その間に飲んで唄って踊って倒れて、
暮らしは続く。
末永く、続いていく。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


13:18  |  町田康  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.05.05 (Sat)

ママの狙撃銃


ママの狙撃銃
(2016/10/13)
荻原浩

「仕事」をすれば、
お金が入る。家族を守れる。
多分、別に世界は守れない。
「仕事」をすると、
何の恨みもない誰かが死ぬ。

レミントンを抱えて
曜子は歩く。
今日の夕ご飯はどうしよう。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


15:59  |  荻原浩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.05.03 (Thu)

スリーピング・ブッダ


スリーピング・ブッダ
(2014/8/23)
早見和真

死ねば誰もが仏になる。
そのための規定も死後の世界の規律も、
仏を感じる方法も知らないけれど、
死んだ先でも何かになれるというなら、
その安心感だけは貰っておいてもいい。

宗教はそんな風に使うくらいが、
私にはちょうど良い。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


12:41  |  は行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.01 (Sun)

人間はどこまで動物か


人間はどこまで動物か
(2006/11/28)
日高敏隆

ヒトは特別な存在ではない。
人間と言い換えてもそれは同じだ。
タンパク質その他の集合で、
この世界に置かれた一つのオブジェ。

地表1.5m前後ではそれが分かりにくいなら、
土の上でばたりと倒れてみよう。
這い上られる感触が本当を教えてくれる。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


16:40  |  日高敏隆  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.31 (Sat)

新宿ミルク工場


新宿ミルク工場
(2004/10)
沙藤一樹

傷から噴く血は、
命の証だ。
まだ生きていたいと、
身体が叫んでいる。

心のそれを見るには、
どこに目を凝らせばいいだろう。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


14:53  |  沙藤一樹  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT