2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.09.04 (Sun)

トリツカレ男


トリツカレ男
(2006/3/28)
いしいしんじ

ある日心を奪われてしまえば、
頭の中は寝ても覚めてもそればかり。
他の何かが現れるまで、
他の何かなど考えられない。

トリツカレ男、ジュゼッペ。
その恋の顛末。

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


15:13  |  いしいしんじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.06 (Wed)

プラネタリウムのふたご


プラネタリウムのふたご
(2006/10/14)
いしいしんじ

二人は星の下で拾われ、
星の見えない村で育ち、
星々の物語を愛した。

分かれた道の先のどん詰まり、
絶望にのしかかられたとしても、
彗星の名を分かち合った子供たちは、
夜を通して繋がっている。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


21:46  |  いしいしんじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.07 (Sun)

麦ふみクーツェ


麦ふみクーツェ
(2005/7)
いしいしんじ

誰も他人の目では見られない。
もちろん人の耳で聴くことも、
人の肌で感じることもできない。
完全ではない自分のそれで、
なんとかかんとか世界を知るだけ。

でも、同じ指揮を見上げて、
同じ譜面を追いかければ、
もしかしたら、
共有できるものがあるかもしれない。

合奏には希望がある。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


02:57  |  いしいしんじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.01 (Mon)

ぶらんこ乗り


ぶらんこ乗り
(2004/7/28)
いしいしんじ

どんな二人も、
永遠に手を繋ぎ続けることはできない。
どんなに抱きしめても、
一つには戻れないのと同じように。

でも、繋いだ手を引けば、
距離を縮めることはできる。
そのためにだけ、
人は手を伸ばすのかもしれない。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


06:37  |  いしいしんじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |