2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.03 (Sun)

血みどろ砂絵/くらやみ砂絵 なめくじ長屋捕物さわぎ


血みどろ砂絵 なめくじ長屋捕物さわぎ
(2008/6/25)
都筑道夫

公の身分はとうになく、
一芸と言えるものは、
ゲテモノの範疇を出ないだろう。
雨の日は働けないし、
住処の壁は崩れ落ちている。

それでも思うさま飲んで笑える日がある。
俺たちには、センセーがいる。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


14:42  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.23 (Sun)

11 eleven


11 eleven
(2014/4/8)
津原泰水

終わりに向かう坂道を、
人は様々に下っていく。
転げるように、
あるいは爪を立て抗いながら。
軽やかなステップの女がそれを笑う。

彼らの声に耳をすませよう。
坂の途中に留まっている。
その、つもりで。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


11:18  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.10 (Mon)

象られた力


象られた力
(2004/9/8)
飛浩隆

獣としては鈍すぎる五感に、
自死さえ許容する心。
不完全な社会の仕組み。
ヒトは小さく、弱い。

それでも拳を握れ。
天を見上げて心を放て。
宇宙と殴り合うに足る力が、
この身体にはあるのだから。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


15:50  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.10 (Sun)

虚航船団


虚航船団
(1992/8/28)
筒井康隆

スマートでありたい。
兄が憎い。女が欲しい。
誰かを殺したい。
誰にも指示されたくない。

生ぬるく煮詰まった狂気を詰め込んで、
暗い宇宙を船は行く。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


17:13  |  筒井康隆  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.13 (Mon)

金色の獣、彼方に向かう


金色の獣、彼方に向かう
(2011/11/16)
恒川光太郎

獣には見えて、
人には見えないもの。
人には見えて、
獣には見えないもの。

神の目は、人か、獣か。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


18:12  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT