2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2016.10.10 (Mon)

象られた力


象られた力
(2004/9/8)
飛浩隆

獣としては鈍すぎる五感に、
自死さえ許容する心。
不完全な社会の仕組み。
ヒトは小さく、弱い。

それでも拳を握れ。
天を見上げて心を放て。
宇宙と殴り合うに足る力が、
この身体にはあるのだから。

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


15:50  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.13 (Mon)

金色の獣、彼方に向かう


金色の獣、彼方に向かう
(2011/11/16)
恒川光太郎

獣には見えて、
人には見えないもの。
人には見えて、
獣には見えないもの。

神の目は、人か、獣か。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


18:12  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.11 (Thu)

シュレディンガーの哲学する猫


シュレディンガーの哲学する猫
(2012/12/21)
竹内薫、竹内さなみ他

私は誰?時間って何?
今見ているものはそこにある?
あなたと私の世界は同じ?
永遠には手が届く?

問いの答えを探し選ぶため、
知の巨人たちの言葉に耳を傾ける。
猫の身を借りて。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


23:39  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.30 (Sun)

魚神


魚神
(2009/1/5)
千早茜

他に生き場所もなく、
他に生き様もない。
島の誰もがそう生きている。

姉・白亜と弟・スケキヨ。
身体を島に繋がれながら、
二人の魂はさ迷う。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


23:26  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.27 (Mon)

猫と庄造と二人のおんな


猫と庄造と二人のおんな
(1951/8/25)
谷崎潤一郎

注ぐ者と、
注がれる者がいて、
それで世界が完結しているなら、
乞う者は、どうすればいいのか。

手に入らないと分かっている愛を、
諦めるには、どうすれば。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


11:29  |  た行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT