2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.12.29 (Sun)

くますけと一緒に


くますけと一緒に
(2012/8/23)
新井素子

子供でいられる時間の長さは、
人によって大きく異なる。
それ自体ない人間もいれば、
法の定める境を越える人間もいる。

世間がなんと言おうと、それを許されるうちは、
誰しも子供でいていいと思う。
少なくとも小四で終わっているのでは、早過ぎる。

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


08:38  |  新井素子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)

鬼談百景


鬼談百景
(2012/7/20)
小野不由美

感得する者の数だけ、
現象は異なる顔を見せる。
こちらもあちらも、鬼も仏も、
不動不変の何かではない。

ただそれは何か、ではあるのだろう。
人の目に映り、人の肌に触れる、何か。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


21:26  |  小野不由美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.24 (Tue)

吉祥寺の朝日奈くん


吉祥寺の朝日奈くん
(2009/12/11)
中田永一

忘れられない人がいる。
未練でなく、憎悪でなく、
ただ時々首を傾げたりニヤついたり、
そんな思い出に根を張る人がいる。

彼らも今を生きている。
そう思うだけでわくわくできるなら、
出会えて良かったということなんだろう。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


23:51  |  な行その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.14 (Sat)

たぶんねこ


たぶんねこ
(2013/7/22)
畠中恵

資格を得れば、何者かになれるのか。
職を移れば、人生を乗り換えられるのか。
誰と共にあれば、幸福だと言えるのか。

ここがどこで、己は誰で、今日はどこへ続くのか。
全ては己で決めるしかない。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


18:53  |  畠中恵  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.08 (Sun)

一鬼夜行 鬼の祝言


一鬼夜行 鬼の祝言
(2013/11/1)
小松エメル

縁があるから出会うのか、
出会うことで縁が出来るのか。

鬼と人と神と、その狭間の者。
出会ってしまえば、
顔つき合わせるその時間の前に、
問いの出る幕はない。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


16:09  |  小松エメル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT