2014年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.08.28 (Thu)

悲痛伝


悲痛伝
(2013/2/27)
西尾維新

合理なきルールの下で、
少年と少女たちは相対する。

その身体に携える生死のルールさえ、
共有しないまま。

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


03:31  |  西尾維新  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.25 (Mon)

漂泊の王の伝説


漂泊の王の伝説
(2008/3)
ラウラ・ガジェゴ・ガルシア

過ちが気づきとなり、
出会うことで人は変わり、
その間も志は生き長らえる。

王が行く道は、まさしく人のそれだ。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


21:14  |  翻訳もの  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.22 (Fri)

悲鳴伝


悲鳴伝
(2012/4/26)
西尾維新

目の前で起こったことは、
すでに起こってしまっている以上、
なかったことにはできない。
だから人はそれを受け入れる。
時間をかけて、工夫を凝らして。

英雄たる少年は、前を向く。
今立つ場所と、その先。
彼に触れられるのはそれだけなのだから。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


21:25  |  西尾維新  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.15 (Fri)

武士道シックスティーン


武士道シックスティーン
(2010/2/10)
誉田哲也

相手を斬るためでなく、
より良く立つためだけでなく、
彼女たちは竹刀を握り向かい合う。

踏み抜ける一歩の先に、
共に見たい光景があるから。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


13:49  |  誉田哲也  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.12 (Tue)

書楼弔堂 破曉


書楼弔堂 破暁
(2013/11/26)
京極夏彦

今書く者は幾人か。
かつて書いた者は幾人か。
彼らの言葉を束ねたものは、
幾億冊が積み重なっているだろうか。

弔堂の守る墓場に、
出会うべき一冊を見つけた人、
その意思に感嘆を、
幸運に嫉妬を献上しよう。

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


16:20  |  京極夏彦  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT