2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.04.06 (Wed)

フルメタル・パニック!6 踊るベリー・メリー・クリスマス


フルメタル・パニック!6 踊るベリー・メリー・クリスマス
(2003/3)
賀東招二

準備万端で戦うなんてことを、
状況は許してくれない。
アレがなくても、あの人がいなくても、
戦闘はいつでも危機を連れてやってくる。

次のクリスマスまで生き延びるために、
彼らは瞬間ごとに人事を尽くす。
天命など、待っている暇はない。


【More・・・】

誠意って何ですかね、と
かの名作ドラマでも言われてましたが、
実際それを示すには何が最良なのか、
そもそも誠実であるというのは、
一体どういうことなのか、
解答を出すのは困難極まりない。
自分に誠実であることは、
一歩間違えば自己中とみなされてしまうし、
だからと言って常に他人を中心に据えることが、
誠実な行動というわけでもない。
五郎の選んだものがかぼちゃだったように、
ぼろぼろと涙を流すテッサに対して無言を貫き、
一方でかなめに対する自分の心を認めて行動することが、
どうやら宗介の解答だったらしい。
それが誠実なのかどうかは分からないけれど、
少なくとも、からかう気も起きないくらいには、
宗介は男を見せたと思う。

デイ・バイ・デイの混乱と重さからすると、
今回は恭子ちゃんが表紙だし、クリスマスだし、
テッサが手料理なんかしちゃってるし、
久しぶりに長編でも少し明るい気分になれました。
ハイジャック中に修学旅行気分を強行するのが陣高生なので、
クリスマスで豪華客船で二度目のジャックとくれば、
テンションがおかしなことになるのも仕方ない。
というか、その後の緊迫の展開のためにも、
陣高生が陣高生らしくて本当に助かった。
ついでに艦長も含めたダナンの乗組員諸君も、
任務とはいえなんだかノリノリで楽しかった。
それにしても今回のジャックの様子を見ていると、
この人たちの活動目的が今みたいなもので良かったと思う。
最新のASやダナンそのものは確かに強力だけれど、
ミスリルを支えるのはやはり構成員一人一人の能力で、
たとえASがなかろうが天才の艦長が不在だろうが、
彼らは状況を打開する術を体に刻みこんでいる。
いやはや、人事部は凄い。

シリーズが進むにつれてASの種類も増えてきましたが、
今回再登場した大量の小さい奴らは、
派手さはないものの、操縦者がいないからか、
どうにも気味が悪くて仕方ない。
それに比べると、アルのなんと人間的なことか。
最初にラムダ・ドライバが出てきたときは、
宗介と一緒にシステムらしくないシステムに困惑しましたが、
危機的状況の中で「会話」する二人を見ていると、
感情や気迫で上下する機能という性質には、
アルのようなAIが必要なのかもしれないと思った。
宗介がアーバレストの専任になったのは偶然なので、
宗介のためにアルが作られたわけでもないのに、
戦闘を重ねるごとに明らかに二人は同調し始めている。
もっと人間臭くいえば、息が合ってきている。
しかもただ意を汲むとかいう方向ではなく、
反発し合いながら背中合わせで戦っている感じ。
いいバディだと思う。この先が楽しみです。

テッサの無力感と撃沈や宗介の決意、
いつもながらのかなめの行動力、
そしてダナンの面々の危機一髪など、
見どころはいくらでもあったんですが、
今回の一番はマデューカスさんだと思う。
短編ではあんなにお姑さん丸出しだったのに、
なんだこの格好よさは。
艦長兼設計者、そしてウィスパードとして、
テッサももちろんダナンを使いこなしているけれど、
こんな本格的な潜水艦戦はダナンでは初めてな気がする。
沈黙の艦隊」の興奮を思い出しました。
ASでの戦闘はなんだかんだで肉弾戦だったりして、
それはそれで血が沸くんですが
こういう距離感と時間的幅のある緊迫感もまた、
血が冷えるようでぞくぞくとしてしまう。
なんだか変態くさくなってきたな…。
とにかく、マデューカスさんに惚れ直しました。

やっとこさ意思の疎通に成功したかなめと宗介。
長い道のりだったけれど、
いつまでも短編的ノリなワケもなく、
この先のことの方が心配です。

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌


23:35  |  賀東招二  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://acon6960.blog40.fc2.com/tb.php/301-37b49294

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |