2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.04.09 (Thu)

群青学舎 一巻


群青学舎1
(2006/8/31)
入江亜季

しっぽの生えた少年。
森の時間。
凛とした目の少女たち。

・・・大好きだ!

【More・・・】

なんだろう、この懐かしさ。
古い感じはしないのに、昔から知っているような。
まだ自分で漫画を買っていなかった頃に
親や親戚のお姉さんなんかの本棚を漁って読んだ
それに似たにおいを感じます。
特に「異界の窓」や「森へ」、「花と騎士」などは。

とはいえ、この感じ。少しも嫌じゃない。
むしろ大好物なので、大当たり。
まずこのタイトル「群青学舎」
もうこれだけで一本取られた感が・・・。
「群青」で「学舎」
「苺」で「大福」くらいの破壊力があります。

全十篇のでも特に「白い火」には悶絶の末K.O.という感じでした。
漣子ちゃんにくらくら。
なんていう顔をして泣くんだこの子は・・・!
実際に涙を流す回数以上に泣いている彼女は
そうする代わりにキッと見据える。
前を、空を、静間を。
静間と彼女がどういう風に始まったのかは分かりませんが、
惚れるわ、これは。

入江さんにも惚れたので
追うことにしましょう。

ところで
昔読んで、タイトルの分からない漫画に
角の生えた少年の話があって気になってるんですが・・・。
確かその角のおかげで念力みたいなものが使えて、
角を失うと、死ぬとかそいう話で
同胞であり敵でもある奴らとの戦いもある。

山小屋かどこかで読んだんですが
誰か知らないっすかね・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック


01:02  |  入江亜季  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://acon6960.blog40.fc2.com/tb.php/5-d2334360

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |