2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2009.09.10 (Thu)

Love,Hate,Love.


Love,Hate,Love.
(2009/9/8)
ヤマシタトモコ

花びらを一枚一枚ちぎるような
そんな子供ではなかったとしても。

子供もかつての子供も
知りたいと願うものは、
同じなんだと思う。

【More・・・】

28才と52才っていうと…、
あ、干支が同じなのか。二周りして。
そう考えるとなんだかすごく遠い。
片方が四十路にかかりそうなときに
片方は小学校を卒業してたわけで。
学生時代の一つ二つの差なんてものは
年下年上の概念の内じゃなかったような気すらする。
まあ、あの頃の先輩後輩の響きもまた、
それはそれで甘美な気がしますが。

アイラブユーは好きだの愛してるより、気恥ずかしい。
そう思うのは外国語だから、というより、
Iやyouのせいなのかもしれないな、とか思った。
主語や目的語を省いた、動詞だけの愛の言葉より、
誰が誰をどう思っているのかをはっきり表明する言葉だから?
だから、縫原さんの言葉は、
貴和子さんでなくても、腹に突き刺さる。
「ぼく」も「あなた」も、もちろん動詞も省かず、
言葉に言葉で返す、その姿勢。
縫原先生の授業に出てみたい、と思った。

それから、貴和子さん。
ずっと好きで、好きで、でも振り向かれない。
まさに、「へたな恋愛」。
でも、好いてもらうことをやめたときに初めて、
好きなままでいられると思う、その感覚。
なんだか身に覚えがあって、うわと思った。
なりたいものになるために、
好きなものを仕事にするために、
できうる限りを尽くして、それでも手に入らない。
そんな経験なんて、ありふれているのだろうけれど、
それを他人に言葉で認めてもらえたなら、
やはり貴和子さんと同じ反応をしてしまうと思う。
好きだ、と何の濁りもなく言えるものがあるのは、
ひどく幸福なことなんでしょう、きっと。

実はヤマシタさんのコミックは全部持ってたりするわけですが、
いい加減慣れればいいのに、
いちいち毎回やられている気がします。
今月は3冊も出るらしいので、
問答無用で財布のヒモがゆるゆる。
その他の出費を考えなければいけなさそうです。
値段と等価以上のものをもらっているので、
まあ、文句の言いようもないんですが。

スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック


09:34  |  ヤマシタトモコ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://acon6960.blog40.fc2.com/tb.php/67-0202b292

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |