2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.09.12 (Sat)

MO'SOME STING


MO'SOME STING
(2009/9/10)
ヤマシタトモコ

最強の拳も、
無敵の言葉も、
持たない。

でも、十和子さんは
正真正銘のヒロインだ。

【More・・・】

ヒロインと呼ばれる彼女たちは、
決してヒーローの隣にはいないのだと思った。
むしろ向かい合う形で立ちはだかる。
どうしようもない男たちを蹴り飛ばす。
空も飛ばず、拳もふるわず、
地に足つけて、泣いて笑って生きる。
まあ、つまるところ、
十和子さんにほれた、って話で。

4人の男と、女子高生・十和子さんのお話。
状況的に一番せっぱ詰まってるのは彼女のはずなのに、
押しつけられた者も、無関心な者も、
追う者も、守る者も、
彼女の何かにざっくり一刀両断されて、ハッとする。
その様が読んでいて気持ちいい。
じゃあと言って180度変わるわけでもないのにも、
なんだか納得した。
そりゃあそうだろうな、と自然に思う。

そんな十和子さんは無敵じゃない、もちろん。
細腕しかもたない女子高生で、
震えるし、泣く。怖いもんは怖い。
でも、単純に言えば、生きたいと思っている。
多分男たちのだれよりも。
だから、逃げるんだな、と思う。
その望みを阻むものに抵抗するために。
我慢ならなくなってしまうまで、
王狐文と貞馬父さんにしたようなことはしないのは、
真っ当に生きるという、そのためなんでしょう。
ああ、かっこいいなあ。

真っ当に生きる。
そうしろと人に言われれば、
私なんかはイラッとしてしまいますが、
そうしようとすることが、悪いことなはずはなくて、
そうしようとする者を笑うなんて、言語道断。
真っ当かどうかを何で測るかはおいておくとして、
十和子さんはきっと真っ当に生きてきたたんだろうなと思う。
親父さんがどうしようもない人であることや、
伯父さんがその道の人であることは全く関係なく、
ひたすら、そうあろうとし続けてきた。
なんて眩しいヒロインだろう。

伯父と姪程度でも、
近しく交わってこなかったとしても、
共通するもの、はあるんだな、とか
サギとコグマちゃんを見て思いました。



スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック


18:21  |  ヤマシタトモコ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://acon6960.blog40.fc2.com/tb.php/68-9056d736

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |